ニキビができやすい生活習慣や食生活について

 

ニキビは様々な原因によってできると言われていますが、特に大きなものとしては生活習慣や食生活が挙げられます。ニキビができやすい生活習慣や食生活にはどのようなものがあるのでしょうか。生活習慣に関しては、睡眠時間が不規則であることが大きく影響するようです。人間は深夜帯に肌の修復などを行うために働くため、この時間に寝ていないと肌の修復が疎かになるため、肌環境が悪化してニキビができやすくなると言われています。また、ストレスの多い生活をしていると、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、皮脂の分泌量が過剰になってニキビができやすくなることもあるようです。食生活に関しては、油ものばかり食べてビタミンやミネラルが少ない食事をしているとニキビができやすいようです。肌を正常に保つミネラルやビタミンが不足しているのに、皮脂の分泌量等を増やす油ものばかり食べていると、その分だけ皮脂によって毛穴が詰まりやすくなり、自然とつまりを改善することができないため、ニキビができやすくなると言われています。このような生活や食生活を行っている人は見直すことが良いでしょう。